メンズ

dhaのサプリを他社と比較することで良質なことが分かる

不快な症状から解放

生薬

症状の原因を突き止めて

更年期障害は女性の閉経によるホルモンバランスの乱れが原因として起こるとされています。症状はほてりやイライラを始めとして、頭痛やめまい、抜け毛など多岐に渡ります。更年期による症状の自覚は50代前後が多いとされていますが、もっと早くから症状を感じる方もいます。しかし原因不明な不快な症状が出始めた時に更年期と決めつけるのは早まった考えです。様々な症状がありますが、それらの症状は更年期以外の病気でも起こりうるものばかりです。中年期以降は生活習慣病など重大な病気のリスクも高まってくる時期でもあります。更年期障害は市販の漢方薬を使うことができますが、まずは症状の原因となる重大な疾患がないか病院を受診しておくと安心です。

気と血のバランスに着目

更年期特有の症状が出ていて他に疾患が無い場合は更年期障害であることが考えられます。更年期障害は病気ではなく、時期が過ぎれば自然と症状もおさまってきます。辛い症状が出ている時期は漢方は強い味方となってくれるでしょう。漢方では更年期障害は気と血のバランスが崩れているという考えで、このバランスを整える生薬を配合しています。気はパワー、血は全身の組織を保つ仕組みといったような概念を持っています。どちらかが不足していたり多過ぎるとバランスを崩してしまうため、バランスを調整することを目的としています。辛い症状は我慢せず、不足しがちな血を補う漢方を活用して、いきいきとした毎日を過ごせるように工夫してみましょう。